栄養学

市販のフルーツグラノーラってどう?

雨の土曜日デス・・・
しんしんと降る雨の音をBGMに読書でもしたい気分になりますが、今日は明日の体験会のために、朝からフルーツグラノーラを作っています。

私はかつて某メーカーのフルーツグラノーラが好きで良く牛乳と混ぜて食べていました。

ローフードを始めてから市販品はめっきり食べなくなりましたが、時々こうやって手作りするんです。もちろん食べるときは牛乳ではなく、手作りナッツミルクでいただきます。

 

市販品のグラノーラって、結構甘いと思いませんか?
牛乳と混ぜて食べる方が多いと思いますが、それでも甘いですよね。

よーく見ると添加物いっぱい入ってるんです。
お砂糖も・・・・


某メーカーのフルーツグラノーラの原材料は

オーツ麦、ライ麦、砂糖、乾燥果実(パパイヤ、レーズン、りんご、いちご)、ココナッツ、植物油、小麦粉、デキストリン、水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)精米、コーン、かぼちゃの種、アーモンド、食塩、小麦ふすま、玄米、グリセリン、加工デンプン、クエン酸鉄Na、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)ナイアシン、パントテン酸Ca、カゼインNa(乳由来)、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

そして添加物
乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ナイアシン、パントテン酸Ca、カゼインNa(乳由来)

 

と、これだけのものが入っているんですよね

 

できれば甘みは自然の甘みが一番です
なので作るときの甘味はドライフルーツとフルーツの甘みのみ

 

白いお砂糖は皮膚や粘膜を薄くし、血管にダメージを与え、老化を促進いたします
そして砂糖だけではなく、牛乳もまた避けたい食材のひとつ
(牛乳の危険ついてはまたこの次お話します)


グラノーラに限らず市販品を買えば、いまや必ず入っている添加物

1度の食事で体に入る添加物は少ないのかも知れません。ですが、積もり積もると体に溜まっていくのは確か。先日受講したお医者様による健康セミナーでは、現代人の食品添加物摂取量は年間平均約7kgだそう 

解毒力が十分にあればそれらも体外に排泄されていくのですが、現代人の栄養摂取の偏りでは解毒が追いつかない状態なのです。また、解毒するだけの体内酵素も足りていない

全部は決して避けられないものですが、なるべく半分に減らせるように・・・・・
いや、それも難しいならば・・・・・・せめて1/3に・・・減らしていかれることをお勧めします。

明日は予約してくださったお客様と一緒に、こんな感じでいただいてみようと思います

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)