栄養学

乾燥肌は緑黄色野菜とナッツを♪

一年のうちで一番乾燥するこの時期

顔がかゆい・カラダがかゆい 肌や唇が乾く

なんて症状が一番出やすいときなのです。

 

ローフードを生活に取り入れる以前の私は

この時期が一番嫌いでした。

皮膚が薄く、強風で皮膚の炎症、ひどい痒み、そこからうるおいが蒸発

寝ている間に掻いてしまうようで、皮膚表面の皮が剥けて赤くはれ上がっていた状態でした。

部屋を加湿して、保湿力のある化粧品を塗っても塗ってもパリパリ・・・・

お化粧できない状態でしたので、

写真を撮られることも嫌!

お仕事上 人前に出るときにはマスク!

6年間もそんな状態でした。

 

ローフードを学び、グリーンスムージーから徐々にはじめ

毎度の食事にローフードをプラスするようになってからは

冬の乾燥によるひどい痒み、肌荒れから開放されました。

もう3年目に入ります。

ローフードに限らず様々な健康や美容セミナーに参加して今でも学びを続けている私ですが

肌の状態を良くするにはやっぱり緑黄色野菜とナッツが決め手だな~と実感しております。

 

 

緑黄色野菜にたくさん含まれるβカロテン

これは体内でビタミンAに変わる栄養素で、肌や粘膜の健康維持、細胞分化、生殖、免疫UPに欠かせない栄養素なのです。

他にも目の健康維持、体を老化させない抗酸化作用などの効果があります。

鉄やカルシウムなどのミネラルも多く、緑の濃い緑黄色野菜にはクロロフィル(色素)もたくさん含まれているんです。

もちろん食物繊維もね!

私はこの冬、ロー(生)と加熱の両方から意識して摂るようにしてからは

やっぱりお肌の状態がメキメキ良くなっていることを実感しております。

緑黄色野菜

 

そしてナッツ(シード類も含め)!

ナッツやシード類にはお肌や細胞の再生(新陳代謝)、組織の修復などに必要なビタミンやミネラルをたくさん含んでいます。

亜鉛やマグネシウムは組み合わせる食材から摂れるビタミンCと共に新陳代謝に欠かせない栄養素であり

肌の状態を整えるビタミンB群

若返りビタミンと言われるビタミンE

良質な脂肪分、食物繊維もたくさん含まれています。

特に緑黄色野菜に含まれるβカロテン(体内でビタミンAに変換)やビタミンEは脂溶性のビタミンなのでナッツに含まれる脂肪分と一緒に摂ることでより吸収が良くなります。

ナッツでなくてもアマニオイルなどのオメガ3系の油であれば尚良いですね!お勧めです♪

 

ローフードでは生ナッツを使うんです。

こちらはより体に負担をかけないような下準備が必要になるのですが

ローフードマイスター講座で学ぶことができます。

20140801-04

 

 

これらの食パワーの効果をよりUPするには

腸内環境を整えることと血液をキレイな状態にしておくことも大切な要素です。

腸の環境が良ければそれだけよい栄養素を吸収できますし

血液がキレイな状態であれば栄養をきちんと細胞まで届けられます。

キレイな血液を作るためにはやっぱり腸内環境です!

 

日本は古来からの発酵文化であります。

お味噌や麹食品、リジュベラックなど発酵したものと組み合わせると最強ですね♪

私は日々グリーンスムージー、生ナッツをふりかけた生野菜サラダの後に蒸したカボチャやブロッコリー、発酵食品などをいただいております。

 

 

お肌の生まれ変わりは28日~35日

細胞再生、組織の修復、美容に良いホルモン分泌は睡眠中に行われます

肌のためのゴールデンタイムはPM10:00~AM2:00

成長ホルモン分泌は就寝後1時間半でピークとなるようです

ですので遅くても12:30にはベッドに入るようにしましょうね♪

 

 

是非毎度の食事に取り入れて、早めの睡眠を心がけてくださいね♪

 

 

本日もお読みくださり有難うございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)